HOME > 尿失禁
排尿時痛

尿失禁とは

尿失禁とはのイメージ

おしっこは腎臓で産生され、尿管内をとおり膀胱に流れてきます。そして膀胱内にある程度おしっこが溜まると尿意を感じて体外に尿を排出します。自分の意識がないまま、尿が漏れてしまう症状を尿失禁といいます。

尿失禁と体のしくみ

尿失禁の体のしくみのイメージ

この尿失禁(尿漏れ)は女性に多くみられますが、その原因としては体の構造にあります。
尿は尿道を通って排出されるわけですが、この尿道のまわりは尿道括約筋という筋肉があり、尿が漏れないようにこの筋肉のおかげで尿道が閉じた状態になっています。
ここで、女性と男性の尿道を比べると女性の方が尿道が短く、まっすぐに伸びた構造をしており、また尿道を閉じさせる為の尿道括約筋がルーズな構造になっています。

また、女性は膀胱や尿道を支える骨盤底筋群が男性に比べて弱いので尿漏れがおこります。もともと男性より筋肉や靭帯は弱いうえに、女性は子供が出来たり、年齢を増すと更年期などの女性ホルモンの低下などによってさらに弱まりやすく、それらも原因で尿失禁が起こると考えられています。

尿失禁の分類

1腹圧性尿失禁

お腹に力をいれたときに尿が漏れてしまう症状で、咳やくしゃみをした等の瞬間や重いものをもって力をいれた瞬間に尿失禁がおこります。女性の尿失禁では最も多い症状で、尿道を支える役目の骨盤底筋群が弱くなったり、尿道を閉じる為の尿道括約筋が弱まることから発生します。

2切迫性尿失禁
2切迫性尿失禁のイメージ

おしっこが我慢できずに漏れてしまったり、突然におしっこがしたくなり(尿意切迫感)しまう症状で、水仕事をしている時や、家に帰ってきたら突然トイレに行きたくなり、そしてトイレまで間に合わないという状態がみられます。
この症状の原因としては、はっきりとしないものが多いのですが、もともと排尿は脳からの指示でコントロールされていますが、脳血管障害などが原因でうまくコントロールできないケースがあります。また、膀胱が意識に関係なく勝手に収縮してしまい、突然の尿意を感じ(尿意切迫感)切迫性尿失禁をひきおこしてしまいます。年齢とともに膀胱自体の老化や尿道をささえる骨盤底筋群が弱まることも考えられます。

3混合性尿失禁

上記の症状が同時に起こる場合を混合性尿失禁といいます。
男性に比べて女性の方が同時に発症することが多く、治療方法としてはどちらの症状がよくみられるかを把握した上で、それに適した治療を選択します。

大きな地図で見る〒546-0044
大阪府大阪市東住吉区
北田辺4-22‐6田辺ビル2F
ホームページを見たとお伝えください 0120-312-985受付時間
午前 9:00~12:30/午後 5:30~8:00

詳しくはこちら