HOME > 尿閉
尿閉(急性、慢性)

尿閉

尿閉のイメージ

前立腺外来では、前立腺疾患による排尿障害(尿閉)はよくみられますが、他の疾患でも起こるので、鑑別診断と治療は重要です。
尿閉とは膀胱に尿が溜まってはいるが、排尿できない状態です。無尿は腎で尿が産生されていないか、または腎で作られた尿が膀胱まで到達していない状態をさし、尿閉とは異なります。

問診では下記の内容をお伺いします。
尿はいつから出ないのか 最近の排尿状態はどうであったか。 水分はとっているのか。 薬剤は飲んでいるか。

尿閉の種類

1急性尿閉

急性尿閉とは、膀胱内に尿が溜まっているのに、突然排尿ができなくなった状態のことをさします。この状態では膀胱排尿筋は正常なケースが多く、膀胱容量の増大とともに恥骨の上部あたりに疼痛が発生します。そして、極端に不安を感じて冷や汗をかくことが多いです。また、この急性尿閉は、前立腺肥大症をもっている患者さんが多量のアルコールを摂取した場合や、抗ヒスタミン薬を含んだ総合感冒薬を摂取した場合に見受けられます。

2慢性尿閉

慢性尿閉とは、少しずつに下部尿路閉塞が進行していき、それに伴って残尿が多くなり膀胱は尿が充満した状態になり、尿意を感ずることなく、少しずつ尿漏れが発生する状態です。この失禁を放置すると尿管の上部の内圧が上昇し腎不全に陥る可能性があります。一方、排尿困難を発生させるような薬剤の複数併用により徐々に残尿が増大し慢性尿閉や腎不全になるケースもあります。患者さんは排尿困難に気づかず、尿失禁を訴えるのみで自覚症状がないこともあるので注意が必要です。

尿閉の症状

尿閉の症状のイメージ

尿閉の有する患者さんは、基本的に 500ml以上の尿が膀胱内に存在すると尿意を訴え下腹部の盛り上がりや腹部の強い張りがみられます。
尿閉ではほとんどの場合、盛り上がった下腹部を手で押すると痛みが強くなります。おしっこが出そうなのに、排尿できないことによる苦痛や不安、緊張か脈が速くなったり、血圧上昇などが起こります。

また、尿が膀胱内にとどまっていることによって腎盂腎炎が同時に発生しているケースでは発熱や腰痛が見受けられます。

尿閉の原因

尿閉の原因のイメージ

下部尿路の炎症・通過障害によるもの

前立腺肥大症がこの通過障害で代表的な症状です。
膀胱と尿道に挟まれている前立腺は尿道の後部を取り巻くように位置しています。
一般的に50歳以上から前立腺の肥大が始まり、60歳を超えるあたりで、前立腺肥大症の症状が現れます。

膀胱の神経障害によるもの

末梢、脊髄もしくは高位中枢における神経が下部尿路をつかさどり、膀胱を支配しています。
この神経系に障害がおこり膀胱麻痺がおこります。なかには糖尿病や脊髄損傷などに起因する神経因性膀胱があげられます。この知覚麻痺による糖尿病では膀胱容量が時には1000ml(通常は500ml程度)に及ぶことがあります。

薬剤によるもの

薬剤によるもののイメージ

一般的に他の症状を抑える薬が排尿障害を誘発するものもあります。
たとえば膀胱排尿筋の筋力(収縮力)を減弱させる薬剤(副交感神経遮断薬や平滑筋抑制薬、βアドレナリン刺激薬)や膀胱出口の圧力を高める薬(αアドレナリン刺激薬やβアドレナリン遮断薬)があります。
もっとも多いのは、風邪をひいた際の解熱、鎮痛薬や副交感神経遮断作用の強い胃腸薬と複合感冒薬中の抗ヒスタミン薬が尿閉を起こします。

心因性不変によるもの

精神的な問題で、たとえば入院患者さんがベッドで寝たまま排尿することに慣れていなかったり、もしかすると尿器から漏れてしまうのではないかと心配して尿が出なくなることがあります。

その他の原因によるもの

上記の原因が複雑に誘発しているものや、前立腺肥大症が原因で下部尿路通過障害のある患者さんでは、体が冷えたり、多量のアルコールの摂取、性交などをきっかけに突然、尿閉をきたすことがあります。
また、手術後の痛みや緊張のためにお腹に力がかけられずに発生するケースもあります。

大きな地図で見る〒546-0044
大阪府大阪市東住吉区
北田辺4-22‐6田辺ビル2F
ホームページを見たとお伝えください 0120-312-985受付時間
午前 9:00~12:30/午後 5:30~8:00

詳しくはこちら