HOME > 膀胱下(尿道)閉塞
膀胱下(尿道)閉塞

尿道閉塞とは

膀胱から尿道を通っておしっこが出るわけですが、この尿道が細くなり尿が出にくくなり、全部出し切るのに時間がかかったりする症状で、男性におこります。尿道閉塞はうまれつき起こる先天性のもの(後部尿道弁)と、尿道の外傷や尿道炎の後遺症から後天的に起こるもの(膀胱頚部硬化症・尿道狭窄)があります。
この後天性のケースでは治療した後、長い期間かけて尿道がずっと細くなり、治療後しばらくして初めて症状に気づくケースがあります。
事故などから受けた外傷直後に血尿が出ている場合は、その後の尿道閉塞に注意します。

症状

症状のイメージ

基本的に排尿回数が多くなります。尿道が狭いので尿の出方が細く、なかなかおしっこがでません。おしっこが出る時間が長くなり、力まないと全部だしきれないので、膀胱内に尿が残ってしまいます。そのせいで、排尿間隔が短くなり頻尿になります。
また、膀胱内に残尿が頻繁に残ると、尿路感染症や尿路結石が起こりやすくなります。
男性に見られがちの症状ですが、原因は前立腺肥大症や尿道閉塞が原因で排尿困難がおこります。この状態を治療しないと尿道に尿の停滞から感染症や炎症などの障害がおこるので、適切な診断と治療が必要です。

検査と治療

検査と治療のイメージ

検査にはおしっこをとる一般的な検査や、前立腺を確認するための触診、超音波で前立腺を検査するケースもあります。
実際に尿道が狭くなっている部分はレントゲン(造影剤を使用)で見ることができます。
なかにはカテーテルの挿入や内視鏡検査が必要なケースもあります。
尿道閉塞の治療には、尿道を拡張するための管を使用したり、特殊な内視鏡を使用して切開手術するケースもあります。

大きな地図で見る〒546-0044
大阪府大阪市東住吉区
北田辺4-22‐6田辺ビル2F
ホームページを見たとお伝えください 0120-312-985受付時間
午前 9:00~12:30/午後 5:30~8:00

詳しくはこちら
身近でやさしい医療メディア MedicalDOC