HOME > 前立腺癌
前立腺癌

日本での現状

日本での現状のイメージ

海外ではすでに10年以上前から、男性に発生するがんの中では、肺がんを抜いて、前立腺がんが一番高い発生率となっています。アメリカと比較すると、日本では、前立腺がんが発症している数は少ないですが、ここ最近では、指数関数的な弧を描いて、患者数が増えてきています。すなわち海外と同じように前立腺癌が男性の中で一番発生率の高い症状になるのはあきらかであると専門家は考えています。
では、何故患者数が増えてきているのでしょうか?それは、まず日本の高齢化社会に原因があります。
まず、この前立腺がんとは、高齢者での発症率が高く、患者さんのだいたい9割が60代の人で占められています。
これから高齢化社会に直面する日本では、まず前立腺がんでの患者さんが増えることはあきらかです。
また、2つ目に戦後の日本人の生活スタイルの変化があげられます。海外から輸入食物も盛んになり、動物性脂肪や動物性たんぱく質などの摂取によって、食生活が欧米化してきていることがあげられます。大豆をあまり摂取せず肉を好む食生活では前立腺がんの発症率をあげる要因となっていまいます。

前立腺癌とは

前立腺癌とはのイメージ

上記のように前立腺がんは日本の高齢化や戦後の食生活の変化から昨今、患者さんの数が増加傾向にあります。その診断や治療法はここ数年で劇的な変化をとげています。
この前立腺がんは初期症状がほとんどなく、一般的に進行が早くないがんですので、ここ最近は検診でやっと発見されることが多くなってきています。
最近ではPSA検診が行われます。このPSAとは前立腺特異抗原のことをさし、前立腺から分泌される物質です。この物質は通常は、前立腺からネバネバ状の精漿(せいしょう)に分泌され射精する際に精漿中のゼリー化成分である「たんぱく」を分解して精子の運動性を高める役割を果たします。
ですので、健全な体ですと、血液中にPSAが浸出することはほとんどありません。しかし仮に、前立腺に疾患があると、このPSAが血液中に侵入するため血液検査で前立腺の異常が測定可能となります。
また、直腸診、お尻からの超音波検査などでがんの測定を行います。また、針を使って組織細胞を取り顕微鏡で調べる針生検を行って確定診断します。この針生検でもし前立腺がんと確定診断された場合は、CTなど専門的な検査を行ない、そのほかにがんが転移していないかどうか診断します。これをステージン検査と言います。
これらの検査の結果から得られた情報(PSA測定値、生検での悪性部分の割合、悪性の度合い、画像診断での症状の広がり)を元にして適切な治療内容を決めていきます。また、針生検で異常がないと診断されたケースでも、数年後には2割の確率で再度生検をしたときにがんが見つかるとも言われており、PSA検査による定期的な検査が必要となります。

主な治療法

主な治療法のイメージ

前立腺がんを早期に発見した場合の治療法としては、無治療・経過観察、手術、放射線治療、ホルモン治療があげられます。
まず、前立腺がんの中でも、前立腺肥大症の手術にて診断された、小さな前立腺がんや、針生検で発見された極端に小さなおとなしい前立腺がんは経過観察でよい場合もあります。
すでに前立腺の治療が必要な段階で見つかった、前立腺の中にとどまる前立腺がんに対しては、手術または放射線治療を実施いたします。患者さんの年齢や、がんの進行度、合併症を考えて、前立腺の中にとどまっている限局がんであっても薬による治療を行うこともあります。
これらの早期に発見した低リスクのがんに対しては、現在高い確率で成功している治療実績があります。

しかし、早期発見ができなかった場合や、転移性の前立腺がんに対しては主にホルモン治療が実施されます。
このホルモン治療を行うことで、ある程度、がんを長期間抑えることができるケースもありますが、薬の効果が効かなくなって、前立腺がんが再発することもあります。一度がんを抑えた後に再発すると薬を変えたとしても、効果が薄く、長期間持続した効果を得られないために、少しずつ病気が進行し、死に至ることケースもあります。
まず、すでに症状が進行していることがないように定期健診を行い、PSA検査の数値が高い方、排尿が困難な方、身内に前立腺がんを持っている人がいた方などは泌尿器科専門医の診断を受けるようにしましょう。

大きな地図で見る〒546-0044
大阪府大阪市東住吉区
北田辺4-22‐6田辺ビル2F
ホームページを見たとお伝えください 0120-312-985受付時間
午前 9:00~12:30/午後 5:30~8:00

詳しくはこちら